WordPress

favicon

テーマから、テーマの編集
 Header ヘッダー header.php
 <head>~<head>内に以下の1行を追加

   <link rel="shortcut icon" href="http://rck.jp/rckfavicon.png">

Chat

Wise Chat
https://wordpress.org/plugins/wise-chat/installation/
Ajax modern chat with real time thread response
can use without login, even can change name and color as user like.
not pop-up or under-up small narrow chat like facebook, full display
can work on Smartphone browser, tablet(Android/iOS/Windows)

[自作プラグイン] bp-member-type-manage

Wordpress BuddyPress? 用メンバータイプ member type 追加 プラグイン
bp-member-type-manage English description

URLを変えずにリダイレクト

WPネットワーク(マルチサイト)+BuddyPress?環境で、任意の(予約されてない)URLを
入れると、/members/username を表示する。

related

Web|Apache httpd

サイト全体をパスワード(ユーザー名なし)で保護

Password Protected
https://wordpress.org/plugins/password-protected/
https://wordpress.org/plugins/password-protected/

新しいサイトに古いサイトの一部を表示させる

Auto I-Frameプラグイン
http://toolstack.com/auto-iframe

[auto-iframe link=http://202.23.184.218/papers/ tag=dmpl_autoiframe_test1 width=600 height=4000 autosize=yes]

参考
△ これは別のプラグインの紹介

カスタム投稿タイプ/カスタムフィールド/カスタムテンプレート

カスタム投稿タイプ
Custom Post Type UI プラグイン
 ページネーションFIX用のプラグイン Custom Post Type Category Pagination Fix
カスタムフィールド
Advanced Custom Field プラグイン

カスタムテンプレート(半自作)
Advanced Code Editor プラグイン
例えば、カスタム投稿タイプ book (slug がbook)という投稿タイプを作った場合、
テンプレートは次の順に呼ばれる
single-book.php(カスタム投稿タイプの単一記事テンプレート)

single.php(一般の単一記事テンプレート)

index.php(メインインデックス)

このため、カスタム投稿タイプ独自の処理をしたい場合は、

 single-book.php(カスタム投稿タイプの単一記事テンプレート)
 archive-book.php(カスタム投稿タイプの記事アーカイブテンプレート)

などが必要。それぞれ、single.php、archive.php を
Advanced Code Editor プラグインがインストールされた環境で、
「概観」>「テーマ編集」で、「+」(新規; create new file)でファイルを作成し、
独自に作成する。
フィールド設定では「book」タイプを表示するようにする
カスタム投稿タイプのカスタムフィールドの表示には、このようなPHPコードが
必要。
「bookauthor」(著者)というフィールドを用意したのであれば・・

test custom field <?php print(post_custom('bookauthor')); ?>

設定の確認、post_customで表示できるよう Custom Post Type UIで。

 http://site../book/book1  で表示できるようになる。

設定の確認、post_customで表示できるよう Custom Post Type UIで。
Custom Post Type UI>Custom Query Var Slug で設定
((default: post type slug) Query var needs to be true to use)
 例 book
   http://site../book で、bookタイプの一覧が表示できるようになる

マルチサイト

wp-config.phpの最後のほうの「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */
」コメントの前に、

define ('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

を挿入
プラグインの停止 停止したプラグインをメモしておく
「blogs.dir」ディレクトリの作成

cd wp-content/
mkdir blogs.dir

ダッシュボード再読み込み
ツール>ネットワークの設定
プラグインの再開 メモした「停止したプラグイン」を起動する
ネットワーク(マルチサイト)の設定
wp-config.php の先ほど追加した1行の下にこれらを追加(実際はサーバー・ドメイン等により異なる)

define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', true);
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', 'webic.jp');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);

WPインストールディレクトリの.htaccessの変更 以下のようになるはず(実際はサーバー・ドメイン等により異なる)

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^wp-admin$ wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ - [L]
RewriteRule ^(wp-(content|admin|includes).*) $1 [L]
RewriteRule ^(.*\.php)$ $1 [L]
RewriteRule . index.php [L]

参考
http://mage8.com/websitetips/multiple-blogs-on-wordpress.html

Wiki Plugin for Wordpress

記法 Formatting ~ Markdown
https://wordpress.org/support/topic/wiki-syntax-for-links

https://wordpress.org/plugins/wordpress-wiki-plugin/
http://crowd-logic.com/blog/archives/29824

frame フレーム

Auto iFrame
https://wordpress.org/plugins/auto-iframe/
書式

 [auto-iframe link=http://.... tag=..test.. width=800 height=4000 autosize=yes]

専用固定ページ

固定ページの表示オプションで、「スラッグ」が見えるように
テンプレートに page-スラッグ.php を用意
http://..../スラッグ と指定すると page-スラッグ.php の内容が見えるように。
page-スラッグ.php の内容の初期値は page.php と最初は同じでいい
それ以外の固定ページは page.php が適用される

カスタム投稿タイプのクエリ

https://wpdocs.osdn.jp/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9/WP_Query

$args = array(
      'post_type'  => 'career',
//      'meta_key'   => 'age',
//      'orderby'    => 'meta_value_num',
//      'order'      => 'ASC',
);
$the_query = new WP_Query( $args );
//表示
if ( $the_query->have_posts() ) {
	echo '<ul>';
	while ( $the_query->have_posts() ) {
		$the_query->the_post();
		echo '<li>' . get_the_title() . '</li>';
	}
       print(":: " . $title);
       $title = get_the_title();
       print("/title: " . $title);
       $content = get_the_content();
       print("/content: " . $content);
       print("/career_company: " . post_custom('career_company'));
	echo '</ul>';
} else { 
	// no posts found
}
wp_reset_postdata();

ページネーション
http://www.youngflavor.net/2015/01/2936/

これは便利!WordPressのWP_Queryでよく使うコードスニペット
http://sole-color-blog.com/blog/php/265/

WordPressテンプレートタグ集|初心者即実践&仕事で使えるコピペ用
http://webdesignerwork.jp/wordpress/wordpress_tag/

Plugin: リダイレクト

WPプラグイン Safe Redirect Manager を使って、リダイレクトを実現
WPダッシュボード>ツール>Safe Redirect Manager
で追加した場合の、DBの構造

INSERT INTO `wprck_options` VALUES (1
: 
:
,(1196,917,'_redirect_rule_to','http://t4510.club/wiki/?Danf'),
:
,(1195,917,'_redirect_rule_from','/danf'),
:
:
(1198,917,'_edit_lock','1519518179:1');

Custom Post Type UIを使わないカスタム投稿タイプ

http://www.webcyou.com/?p=3003


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-25 (日) 09:33:49 (147d)